通訳者Mのブログ

通訳者の毎日をシェアする通訳ブログです

逐次通訳

こんにちは

通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです

 

英語が分かる、話せる日本人が多い今、通訳でハラハラさせないことは大事です。

ハラハラさせる時というのは、

うまく日本語の訳が、英語の訳が出てこないでウっと苦労しているのが伝わってしまう時

フィラーが何度も登場してしまう時

など

 

通訳者の焦りが表に伝わってしまっている時です。

両言語分かる方たちからするとなんか居心地悪いんですよね。

 

私は通訳者やっていますが、通訳自体は必要悪だろうと思って仕事しています。嫌々仕事をしているとかそういうことではありません。ただ本人同士が他人の声を介さずにコミュニケーションできたらそれがベストだと思っています。

 

会議やイベントで司会が話す、

プレゼンテーションでスピーチをする

式典で挨拶をする

 

人間が話すときというのはテンポがあります。

みんな無意識のうちに身体で覚えていることです。

 

通訳が入るとそのテンポがどうしても乱れます。

スピーカーと違う声だし、話すスピードも違う。そして言語も違えば温度感も多少変わります。

乱れることは仕方のないことと理解して、なおかつ、出来るだけdisruptしないように、邪魔しないように、通訳する。わたしはそれ大事だと思います。

邪魔しないように通訳するにはどうしたらいいかというと、通訳者がその場で苦労して通訳しているような通訳をしないということです。あたかも原稿が用意されていてそれをただ読んでいるかのような、力の入っていない、止まらない、スムーズな通訳をするということです。

 

言うは易し、ですが、でも両言語分かる、話すお客様が増えてきた今、現実にはそういう通訳が求められていると日々感じます。

 

 

息が詰まったら広い空が見えるとこで読書でリフレッシュ