通訳者Mのブログ

通訳者の毎日をシェアする通訳ブログです

英語について

ネイティブ英語に近づく単語の勉強

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 覚えよう、使おうと思ってもなかなかしっくりきてくれない単語、表現ってあるものです。それはおそらくどう使うのか知っている例が少ないから、と私は思っていて。 そういう時、私はこのサイトを見…

多読とThe Economist

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです The Economistがやっと、読みやすくなってきたよ 何度、文頭に返って読み返してきたか数知れず 今もまだそういうこと普通にあります わかんない単語もまだたくさんある でも読みやすくなってきてい…

英語を究める道は片想いのようなもの

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 6時、東京も氷点近い温度です 年末迫り、と書いたところでふと思いましたが、英語だと2022 is about to closeとか言うんですよね。何も考えなければendと言いそうですが、英語と日本語ってなんかこ…

同時通訳のように本を読む

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 怒涛の一週間が過ぎて土日に時間が出来たので、久しぶりに読書してます。 単語を一つずつ読もうとすると内容が入ってこないのに、単語の羅列から風景を思い浮かべるとスルスルスルーっと読める。 不…

通訳の英語表現の正確さ

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 一つのものを見た時にどう感じるかは千差万別で、ましてやそれを表現をする通訳が正確かどうかというのは、意外と通訳者から見ると難しい判断になります。自分が英語の表現としては正しいと思っても…

パッシブとアクティブ

11/24 23:18更新しました こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 知っている単語(passive)と使える単語(active)の量はイコールではありません。通訳者がボキャビルをしないとならないのは、相手が話す言葉を全て知らないといけないからで…

通訳の言葉選び

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 英和辞典を引くと日本語で意味が出てきます。 その日本語を和英辞典で引くと該当する単語がいくつか、多いときは十数個。 今度その羅列された英語を英英辞典で引くと、説明が少しずつ違う。 日本語…

通訳とリーディング

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです こうやってThe Economist読んでいて思うのは、やっぱり調べなければいつまでも分からない単語であるということ。たくさん読んでも突然ひらめいて意味が分かったりはしない。そういうことは多読に求…

多読にだまされない

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 久しぶりにコーヒー飲みながらThe Economistを読むという贅沢な時間取れました 通訳者にとって、多読は大事だけどいつ花咲くか分からない多読の効果を盲目的に信じるだけでなく、精読をたくさんする…

通訳者の独り言

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです こう言いたいなぁって思った時にもうちょっとするっと、するするっと文章をつないでいく英語たちが口から出てきたらいいのになあ。 日本語の対訳で思いつく英語って、なんか直接的すぎて、短いのよ…

コツコツ勉強2

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 英語勉強していて、通訳をしていて、随分力がついてきたな~って思えたことがまだ一度もありません。 だいたい自分とのセルフトークは「なんだよその英語」「またそのフレーズかい」「もうちょっと…

コツコツ勉強

-Bloomberg Surveillanceのリンク更新しました8/25 12:01 こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 朝のウォーキングでは耳が留守なのでポッドキャストを聴いていますが、 Bloomberg Surveillance - Surveillance: Investors Await Fed Rate…

多読多聴

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 英語への理解度をあげるには、英語への親近感が大事になります。つまり、触れる頻度を上げたり、大量に触れるということです。 リーディングはローリスクハイリターンな自分への投資時間。 とは言っ…

通訳学校

こんにちは 通訳者の毎日をシェアする通訳者Mのブログです 2017年にフリーランス通訳者になって、トレーニングに関しては何度も改良してきました。ずっと同じメニューをやっているのもある意味慣れてきてしまって。 練習メニューを見直す時にはまず自分の弱…

スピードの早い英語

通訳というプロセスは聞く、理解する、分析する、翻訳する、発声する、らしいです。 ただこの分析するという部分、一瞬で処理する必要があります。場合によっては、『ん?』と思うことがあっても、どんなに速くても聞こえたらそのまま出すことが大事です。情…

モチベーションは湧くものではない?

オイオイ頼むよ〜ってくらい朝、蒸してました。 振り返ってみたら朝のウォーキング続いてます。何となくウォーキングしようかな、だったら途中で歩かなくなっていたかもしれませんが、身体に色々支障が出るかと考えると、それが歩きに行くインセンティブにな…

シャドーイングして英語上達

今日現在シャドーイングで使っている素材: U.S. Department of State - YouTube https://www.youtube.com/c/csisdc https://www.youtube.com/c/WhiteHouse 大体このどれかです。 2つめのCSISは、トランスクリプト出してくれるセッションだけ使います。シャ…

諦めないで継続すれば上達する

なぜ表紙にバッタがついてるの?! Amazonから届いてすぐ表紙を剥しました。。 結論から言うと、この本には英語上達に必要なことは網羅的にみんな書いてあるので、自分に合うことを実践すればいいと思います。 端的な個人的な結論としては、やっぱり量か。と…

大量消費と反復練習で上達

morning さほど驚くことでもないかもしれないことも、改めて断言されると納得することってありますよね 英語の上達には大量消費、反復練習が大事だそうです。今度引用元の書籍について触れたいと思いますが、読んだ記事をもう一度音声で聞く、なんてこともド…

単語を増やすには、出会う回数を増やす

ボキャブラリを厚くするには、何度も出会って記憶を少しずつ深く深くしていくしかないです。 わたしはThe Economistで多読してます。 わからない単語を全て調べていると流れが止まるので、どうしても個人的に気になった単語だけ、こうやって調べます。 うち…

時代の言葉に追いつく

英語って時代に沿って変化しますし、新しい言葉が生まれます。 fedexやgoogleなど、動詞で使えます。(正式な場では使うものではありませんが、一般的に通用します) それが正しいかどうかはさておき、一般世間が認めている慣用的な定訳なので、 通訳者はそ…

多読も精読も。欲張りになろう。

多読と精読、どちらも必要です。 なぜか? 精読は、構文の理解、単語や表現力の吸収・発見に役立ちます。自分以外の人が書いた英文を読んで疑問点を無くす努力は、リスニングに役立ちます。 読んでも分からない英文は聞いては絶対に分かりません。 ゆっくり…

もうひとつポッドキャストご紹介

以前紹介したIntelligenceというポッドキャストは、美しい英語が楽しめるのですが、美しくて聴きやすい英語ばかり聴いて慣れてしまうと、通訳する時苦しくなります。 ラジオ番組やポッドキャストのアンカーが話す日本語は、その辺で聴こえてくる日本語とは種…

ネイティブのナチュラルスピードに慣れるべく..

シャドーイング続けてます ネイティブの通常の話すスピードでなかなか話せない..! 言ってるつもりでも言えてない....! 通訳者が入る会議などではナチュラルスピードでガシガシくるスピーカーは少ないですけどね。でも自分のキャパを出来るだけ広げておかな…

どの英語媒体を読むのがいいか?

通訳学校に通い始めてから初めてThe Economistを読みました。 購読し始めたのは入門クラス(どの学校でも通訳クラスとしては一つ目)に上がってからです。最初は捨てるために購読しているような状態で...笑 当時の英語力が低い自分には読むのがとてもつらい…

The Economistとのお付き合いの仕方

通訳という仕事は勉強に際限がなくて、一度キャリアが始まると自分のやりたい勉強を自分のペースで、という風にはなかなかいきません。私もThe Economistが毎週積み重なって、移動中に読める程度です。でも逆に、知らない単語を探そう、英語を勉強してやろう…

おかしな英語に気づく

日本語から英語への通訳をする時に、どうしても日本語に引きずられがちです。 例えば同時通訳で、 「当社としては」と聞こえてきた。 「としては」はasだ! As our company... 通訳やっているとこういうおかしな英語にウッカリしてしまって、 かつ、振り返る…

能動的ボキャブラリーの増やし方

単語を聞いて理解できる「受動的ボキャブラリー」と自ら使いこなすことのできる「能動的ボキャブラリー」があるけれど、通訳をする上ではどちらも重要。 聞いて理解出来なければ英語から日本語への通訳で困ることがあるのだから、知らない単語はゼロに近くす…

日本語から英語の同時通訳の処理の仕方

同時通訳はスピードとコンパクトさ、そして後手にまわらないことが大事です。そしてそれは結構ボクシングにも似ていると以前書きました。 leogirl.hatenablog.jp 今回はコンパクトさについて。 同時通訳でコンパクト、というのは文章の始まりから句点まで(…

リプロダクションとシャドーイングでスピーキング力をあげる

ー2022/4/9更新しました これホントに今期出来んの?Do you really think you can do this in the fiscal year? 日本語を見た、聞いた瞬間に背景を知らずとも気持ちが荒めに出ているのを感じると思います。通訳しない人もそれは感じる。そしたらそれを訳に反…